頭皮 乾燥

頭皮乾燥を防ぐ頭皮ケア

頭皮トラブルの解決は、頭皮ケアから。

乾燥肌用スカルプ シャンプー、あります。

髪の専門医が作った薬用シャンプー、スカルプD。
頭皮ケアをすることで毛髪・頭皮の汗臭を予防。抜け毛、フケ、かゆみも予防します。
楽天シャンプー部門で売り上げ79週連続No.1!(2009年2月現在)

脂性肌用、乾燥肌、普通肌用とそれぞれに合わせて使用したいですね。
正しいシャンプーの仕方も掲載。必見です。
シャンプーの仕方が悪いと、頭皮の乾燥、かゆみなど頭皮トラブルになりやすいのです。

詳細はこちら ⇒ 『世界が認めた医師が開発!!』楽天ランキング第1位シャンプー!

女性用もあります。

↑↑詳細はコチラをクリック↑↑

頭皮の乾燥

頭皮乾燥。つらいですよね。

頭皮が乾燥していると、頭がとてもかゆくなったり、フケが出たり、、ととてもツライ状態になってしまいます。

あんまり頭皮がかゆいと、日常生活も落ち着かないし、イライラしてしまうし、それが余計に体にはよくないことが分かっているけれども、やっぱり痒いし・・・赤くもなっているし、と悪循環から抜け出せないような気さえしてきます。

しかも、次第に抜け毛も増えてきたような・・・。

このサイトでは、「頭皮の乾燥」原因と対策についてを中心に記事を掲載していく予定です。

頭皮のかゆみ、頭皮ケア、フケなどについて。

実際、管理者も頭皮の乾燥とフケに悩まされた時期がありました。

乾燥肌用のシャンプーなどもありますし、髪の毛をシャンプーをするときにその前後で頭皮マッサージをすると油や毛穴の汚れがとれて頭皮には良いようです。

実際、頭皮乾燥用のシャンプーを使い、頭皮マッサージをしばらく行ったところ、あれほど乾燥して痒かった頭皮が改善してきました。

ちなみに、ヘアケアでシャンプーは指の腹を使って、とありますが、そんなシャンプーの方法では頭皮の毛穴につまった汚れは落ちません。ブラシを使って頭皮をブラッシングをしましょう。

シャンプーのやり方を変えたところ、フケのようなものも無くなり、頭皮のにおい、も消えるというおまけつきでした。

このあたり、また詳しく書こうと思います。

頭皮の乾燥 原因

頭皮乾燥してしまう原因。

その原因として大きく上げられるのは下記のものです。

シャンプーのし過ぎで頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまっている場合

頭皮の毛穴油、汚れを落とそうとするばかりに、頭皮に必要な皮脂すらも洗い流してしまっているんですね。

頭皮ケアを意識しすぎているのかもしれません。

血行が悪くて頭皮に必要な栄養が行き届いていない場合

頭皮も栄養が足りないと、必要な皮脂が分泌されなくなります。カサカサになってしまうんですね。

また、これら以外の原因として、アトピー性皮膚炎などの症状の場合も有ります。

頭皮の乾燥、かゆみなどがあまりに酷い、と感じた場合には一度専門医、皮膚科などで診察してもらうことをオススメします。

アデランスなどのヘアーチェックをしても良いとは思いますが、先に専門医に見てもらうほうが良いと思います。

頭皮ケア用のシャンプーも様々なものが発売されています。

頭皮 乾燥肌用のシャンプー、敏感肌用のシャンプーなどと数種類が発売されていますから、まずは自分の頭皮に合ったシャンプーを見つけることが大切です。

ちなみに、乾燥する冬だけ頭皮が乾燥する、などの悩みを持っている方も多いですね。

夏とは違う頭皮ケアが必要かもしれません。

頭皮の乾燥 対策

頭皮が乾燥している場合、粉のようなフケが出る場合には頭皮に必要な皮脂が不足している場合が多いようです。

毎日シャンプーをしたい方も多いと思いますので、その場合には刺激の弱いタイプのシャンプーを試してみると良いと思います。水で薄めてみるなどの方法も試してみてはいかがでしょうか。管理人は薄めただけでは効果はありませんでしたけれど^^:;

その後、保湿性の高いトリートメントなどを使ってみてくださいね。

また、シャンプーをした際に、シャンプーやリンスの成分を頭皮に残してしまうのはいけません。

シャンプーした時間以上に、すすぎには時間を使ってくださいね。

しっかりとすすぎましょう。

また、シャンプーを2日に1度に減らしてみるという方法もあります。

頭皮の皮脂が落ちてしまい、頭皮が乾燥することを防ぐためです。シャンプーを使わない日には、水洗いをするなどすると良いと思います。

ちなみに、シャンプーをする前に、頭皮全体をシャワーですすぐようにすると良いです。

頭皮の乾燥は意外と、シャンプーの方法を変えることが改善に繋がることが多いです。

もちろん、そのほかの原因で頭皮が乾燥していることもあります。

が、まずは毎日行うシャンプーの方法、頭皮ケアの方法を変えることから試してみてはいかがでしょうか。